コンセプトご紹介ページ|サンダルフォンで大人のスマートダイエット
体重の減少=ダイエットではありません。栄養を充実させ、ボディを美しく作り変える事が重要です。栄養不足のダイエットは、不足分を体内組織から補うため、肌や、筋肉を構成しているタンパク質の分解が進みます。その結果体重は減少しますが、見た目もやつれ、しぼんだ印象になったり、筋肉の減少により代謝も下がります。「美しさ」にかかわる体たんぱく質を減少させず、余分な脂肪のみを減らしましょう。

美しくなれるダイエットのために大切なこと

  • 代謝を上げて、消費エネルギーを増やす
    (体脂肪の燃焼)
  • 食事内容、とり方を工夫して
    食事からの脂肪蓄積を抑える
    (脂肪の蓄積をさせない)

代謝を上げて、消費エネルギーを増やすためには

1. 基礎代謝量、2. DIT(食事誘導性体熱産生)、3. 生活活動代謝量(運動など)すべてを高めることが重要になります。

1. 基礎代謝量を上げるために
たんぱく質の摂取と、運動で、筋肉を増やし、暴飲暴食をさけ、内臓機能を高めましょう。
2. DIT(食事誘導性体熱産生)を高めるために
たんぱく質をしっかりととり、温かい料理を良く噛んで食べることがポイントです。運動習慣がある人の方が、DITも高まります。
3. 生活活動代謝量を高めるために
栄養バランスの良い食事をとると、脳と体が活性化し、活動的に生活できます。可能なら軽く汗をかく程度の運動を週に2~3回行いましょう。定期的なマッサージも効果的です。

食事からの脂肪蓄積を抑えるために

1. 脂肪に結びつかない食事のとり方を意識しましょう
低GIを意識した食べ方にしましょう。精製炭水化物の食べ過ぎは血糖値を急上昇させ、脂肪蓄積につながりますのでやめましょう。食物繊維やビタミン豊富な野菜をしっかりととる。一度に多く食べるのではなく、お腹がすかない程度に食べるのが、血糖値を上げない食べ方のコツです。
2. 食事内容(バランス)に気を付けること
P(タンパク質)F(脂質)C(炭水化物)バランスの理想は1:1:2
栄養素が十分に体を巡ると、不必要な食欲が抑えられ、心も満たされます。さらに、頭がきちんと働くようになり、きびきびと活動的に生活できるようになります。

さらに生活で気を付けるポイント

摂取したエネルギーが使われず、余ると、脂肪として蓄えられます。
エネルギーが余らない生活を心がけましょう。
朝食、昼食をしっかりとり、むやみに横にならず、活動的に動いて、夕食は控えめにし、夜寝る前2時間は食べ物を口にしないようにすると、エネルギーが余らず、脂肪の蓄積が抑えられるのです。

栄養素をしっかり巡らせることで、活動的になれ、代謝もアップし、
休息もしっかりととれるようになります。
心も体も満たされて、余計な食欲にさいなまれることがなくなるのです。
栄養不足のダイエットは強い食欲に苦しめられますのでリバウンドしてしまいます。
ダイエットは、脳と体のメカニズムにかなった方法で
ゆっくりと着実に続けてゆくべきなのです。
栄養素をしっかり巡らせることで、活動的になれ、
代謝もアップし、休息もしっかりととれるようになります。
心も体も満たされて、
余計な食欲にさいなまれることがなくなるのです。
栄養不足のダイエットは強い食欲に苦しめられますので
リバウンドしてしまいます。
ダイエットは、脳と体のメカニズムにかなった方法で
ゆっくりと着実に続けてゆくべきなのです。